スパイウェア 駆除 対策方法

スパイウェアの対策方法として挙げられるのは、
ウイルス対策のときと同じで、まず第一にセキュリティーソフトの常駐

そして、セキュリティーソフトの自動アップデートWindows Update(ウィンドウズアップデート)

やはり基本はこの3点です。

もちろんのことですが、定期的なスパイウェア検索も忘れてはいけんませんよ。

スパイウェア検索にて、スパイウェアが検索されたなら、
セキュリティーソフトで駆除してしまいましょう。

しかし、 スパイウェア駆除に関して注意しなければならないのが、Tracking Cookieなどの
多くは、駆除しても特に問題はありませんが、中にはソフトウェアの一部として動いている
スパイウェアもあるため、スパイウェア検出でHITしたからといって、何でもかんでも駆除してしまうと、現在使用しているソフトウェアが正常に機能しなくなる可能性があります。

アドウェアに分類されるスパイウェアに関しては、そういったものもいくつかあります。

ですので、スパイウェア検索でスパイウェアが検出されたなら、
まずは、そのスパイウェアを調べてから駆除するようにしましょう。

検出されたスパイウェアの名前を、検索エンジンにそのまま打ち込んで検索すれば
詳細情報が分かるはずですので、そのスパイウェアが何なのか、駆除してもよいのか、悪いのかを調べてから駆除するようにしましょう。

万が一必要なスパイウェアを駆除してしまっても復元できますが、
アプリケーションによっては見えない不具合などが出てくる場合もありますので
注意してくださいね。

キーロガーに注意!

悪質なスパイウェアの代表として挙げられるものの中に、キーロガーがありますが、
スパイウェア検索で、万が一このキーロガーが検出されたならば一大事です。

すぐに駆除するのは当然の処理ですが、もしPCでクレジットカード番号、パスワードなどを打ち込んだりしていたならば、すでにその情報は漏れてしまっている可能性が非常に高いでしょう。

即座にクレジット会社等に連絡し、対策を相談しなければいけません。

それ以外の情報も、もちろん漏れている可能性が高いですので、
すべてのインターネットサービスでパスワードを変更する。
もし、自分で出来ない場合は、サービスを受けている業者に連絡することが大切です。

キーロガーの侵入は、基本的にはセキュリティーソフトの常駐で対策出来ますが、
オンライン銀行などで口座番号やパスワード等を打ち込む際は、ソフトウェアキーボードを
使うことによってさらに対策出来ます。

マウス操作や、デスクトップ画面全体を画像として記録してしまうキーロガーなども
ありますので、100%とはいえませんが、直接入力するよりはソフトウェアキーボードを
使うことで、よほどの安全は保たれます。

では次に、迷惑メールの対策法についてお話します。