Windows Vista とセキュリティー

マイクロソフト社の最新OS、Windows Vista。

XPユーザーからしてみると、「使いにくい、不便だ」っと言う声をよく聞きますが、
実際のところどうなのでしょうか?

私も使ってみましたが、確かに使いにくいです。(もちろん慣れないというのもありますが・・・)。
しかも動作が重い・・・。ハイスペックなPCでない限り、重たくて仕方ありません。

ですが、セキュリティーに関しては、XPに比べ遥かに進歩しています。
当然良くはなったのですが、具体的に何がどのように変わったのか説明したいとおもいます。

ここが変わった!Windows Vista のセキュリティー機能

Windows XPには装備されていなかったセキュリティー対策機能が、
Windows Vistaには標準装備として7項目追加されました。
もちろんではありますが、Windows XPにもセキュリティ対策機能は付いています。

Internet Explorer 7
フッシングサイトへのアクセスをブロックする機能が備わりました。
フィッシングサイトの場合、ブラウザの画面にはそのサイトの内容ではなく、
フィッシングサイトであるという警告が表示されます。

Windows Defender
主にスパイウェア(マルウェア)の監視、検索、駆除等をおこなってくれます。

迷惑メール対策機能
Windowsメールで受信を行うと、メールの判別を行い、迷惑メールと判断されたものは
「迷惑メール フォルダ」に自動で振り分けられます 。

ユーザーアカウント制御(UAC)
ソフトウェアのインストールや、システムにとって重大な変更を行う際には、
たとえ管理者権限でログオンしていても、確認画面が表示されます。
また、標準ユーザーでログオンしている場合にいたっては、ソフトウェアのインストールの際などには、管理者用パスワードを求められ、インストールできません。
この機能により、システムにとって不用意な変更を防ぐことが出来ます。

ユーザー アカウントと家族のための安全設定
ユーザーアカウントごとにPCの使用制限をかけることができます。
「Windows Vista Web フィルタ」を使用すれば、子供にとって不適切なWebサイトを
見せないよう、Webサイトを限定することもできます。

セキュリティ センターのマルウェア対策
これは機能と言うより、セキュリティー対策の状態を確認する項目に過ぎませんが、
Windows Defenderなどのマルウェア対策ソフトの状態、有効、向こうの切り替えが出来ます。

Windows Updateの進化
XPの場合は、自動更新の際、「重要な更新」に分類される更新プログラムだけを
ダウンロードしていたのに対して、Vista「重要な更新」だけでなく「推奨する更新」(細かなもの)も同時にダウンロードするようになりました。
これによって、重要な更新以外の細かな部分のセキュリティ ホールにも対応でき、
安全性がよりいっそう高まりました。

上記7項目を見ていただければ、
セキュリティーに対する安全性が強化されたことが一目瞭然ですね。

どっちを使う? Windows XP と Windows Vista!

今後のことを考え、これから購入するのであれば間違いなくVistaですが、
実際のところ、今はまだ好みでかまわないとおもいますよ。

無理に今すぐ乗り換える(買い換える)必要はないとおもいます。

理由はちゃんとありますよ。

確かにWindows Vistaの安全性は高く、すごいですが、
だからなにもXPではセキュリティー対策が出来ないわけではありません。

ユーザーアカウント制御(UAC)、関しては、XPではどう転んでも今のところ出来ませんが、InternetExplorer7やWindowsDefenderに関してはマイクロソフトのホームページから無料でダウンロードできますし、手間はかかりますが、WindowsUpdateの「推奨する更新」に関しては手動で行うことで対応 できます。
迷惑メール対策はフリーソフトや、Outlook Express(アウトルックエクスプレス)を
使うことで対応できます。
ユーザー アカウントと家族のための安全設定に関してはフィルタリングソフトを使用することで、それなりの対処も出来ます。

2008年5月現在、マイクロソフトは2014年までWindows XPの
サポートを行うと発表していますが、XPが今後良くも悪くもどう転ぶかはわかりません。

しかも、つい先日Windows Vista SP1とWindows XP SP3が配布されましたが、
動作に関してはWindows XP SP3のほうが早いとのことです。

ですので、私見ではありますが、まだ様子見段階といっても過言ではないとおもいます。

BOTパソコンなどを使っている方は、思い切って試しにVistaを購入してみるのも
いいかもしれませんが、市販のパソコンを使っている方がわざわざ買い換えることもないとおもいます。

ですが、やはり今後はマイクロソフトもVistaに重点を置いていくようになるでしょうし、
更なるセキュリティーの向上も目に見えています。
そして友人、会社等の周りもどんどんVistaに変わっていくはずです。

周りがVistaになってしまったとき、自分だけ使えないでは困りますよね?

ですので、結局のところ今はまだ好みでかまわないとおもいますが、
やはりどこかで見切りをつけ、Vistaを購入することをお奨めします。

では次にセキュリティソフトの選び方についてお話します。
いくらWindowsのセキュリティーを強化しようとも、セキュリティー対策ソフトの導入は
欠かせません。上手な選び方で自分にあったセキュリティーソフトを見つけてくださいね。