ファイル共有ソフトとセキュリティ対策

Winnyをはじめ、LimeWire、カボス等のファイル共有ソフトを使っている人に限って
セキュリティー対策に、あまりに無頓着な人が多いのが目につきます。
正直言って、本当にイタイです。

ファイアウォールって何ですか?レベルの人がファイル共有ソフトを使用し、
当然のごとくウイルス、スパイウェアなどに感染する。

⇒ ウイルス感染の瞬間映像

ファイル共有ソフトに限らずですが、ウイルスに関して言えることは、 故意でないにしろ、
自分がウイルス感染の加害者になりえるということです。

普通の人ならば、自分のせいで相手がウイルスに感染するのは絶対に嫌ですよね。

ファイル共有ソフトに関して言うならば、ウイルス感染したPCから流れ出たファイルを
見知らぬ誰かが開き、その誰かがウイルスに感染する。さらにその誰かがそのファイルを流す。

この連鎖反応で、瞬く間にウイルスが広がってしまいます。

どんなファイルが危険なの?

はっきりいって、ファイル共有ソフトに出回っているファイルはすべて危険です。

ウイルス感染ファイルは.exeなどの実行形式ファイルに多いように見えますが、
実はそれだけではありません。

拡張子、目に見えるアイコンなんて物は、なんとでも偽装可能で、中には見た目は動画、
音楽ファイルなのに、開いてみたら実は.exe形式の実行ファイル。

見た目は.jpgの画像ファイルだけど、開いたら突然ネットに接続されるなどの被害も見られます。

拡張子にだまされてはいけません。

つまり、安全か危険かは、ファイル名から割り出せるものでは無いということです。

分かっていただけたと思いますが、ファイル共有ソフトを使用するならば、
まず、すべてのファイルが危険だということを、頭に入れてから使用するようにしょう。

どうしたら安全にファイル共有が出来るの?

  1. セキュリティー対策ソフトの常駐
  2. 動作の前のウイルス検索

100パーセント安全な方法はありませんが、最低限の自己防衛として、
セキュリティー対策ソフトを常駐し、ダウンロードしたファイルをすぐに開かないこと。
ファイルをダウンロードしたら、まずセキュリティーソフトでウイルス検索する。
そのあと、ダウンロードしたファイルを開くこと。

セキュリティーソフトはイーセットスマートセキュリティーがおススメです。
このセキュリティーソフトは更新の速さや新型ウイルスへの対応が他のソフトに比べてずば抜けて高いのが特徴です。
⇒ イーセットスマートセキュリティーと他者セキュリティーソフトのウイルス検出比較。

本当に最低限の対策方法ですが、これさえすれば、よっぽどのことがなければ安全性は保たれると同時に、自分がウイルスファイルを広げてしまう可能性も激減します。

コンピューターウイルスは、人間のウイルス感染(インフルエンザなど)とは違い、
一度完全にウイルス感染し、レジストリまで手を加えられたPCは、OS自体のクリーンインストールをしなければ、例え市販ウイルス駆除ソフトで駆除しようとも、完全に元の状態に戻ることは難しいでしょう。

みなさん十分に注意くださいね。

では次に、ファイル共有ソフトや、自宅サーバ、オンラインゲーム等でよく耳にする、
ポート開放とセキュリティーの関係、対策についてお話します。

基礎知識偏
対策偏
特別偏
ウイルスソフト比較
運営者情報
ファイル共有ソフトは違法?

ファイル共有ソフト自体は
違法ではありません。

ネットワークを介してファイルを
転送することはすばらしい技術であり、世の中が便利になった証拠でもあります。

しかし、ファイル共有ソフトを介したネットワークに出回っているファイルは、違法なものが多いのも事実です。

ファイルによっては、著作権と言うものがあり、それらをアップロード、ダウンロードすると法律により厳しく罰せられます。

違法なファイルを共有しないよう十分注意して下さいね。