ウイルスに感染したらどうすればいいの?

まずはじめに頭に入れてもらいたいのが、
ウイルスに感染したした場合、自分のPCがおかしくなるだけならともかくとして、
他人のPCにウイルスを広めてしまう加害者になりかねないということですね。

場合によっては、損害賠償を求められかねないといっても過言ではありません。

ではどうすればいいのか?

前途しておきますが、セキュリティーソフトは、ウイルス等を対策(予防)するものであって、
すでに感染してしまっっている場合は正常に駆除等の動作ができない場合があります。

そういった最悪の場合は、ウイルスに関しての知識がある方は、
手動での駆除も可能ですが、一般の方には難しいことだと思います。

そういった方にも事前にできる対処法をここでお教え使用と思います。

  1. ネットワークから切断する。
    まずはじめに必ずネットワークから切り離す(LANケーブルを抜く)。
    ネットワークから切り離すことによって、自分のPCから他人のPCに感染を広げてしまう
    また、個人情報が流出してしまうなどの最悪の事態は防ぐことが出来ます。
  2. ネットワーク内のPCのチェック。
    ネットワーク内で使用しているPCがあれば、そのPCもウイルス感染している可能性がありますので、セキュリティーソフトを使ってウイルス検索してください。
  3. ウイルスを特定する。
    ウイルスによって対処法がそれぞれ違いますので、ウイルスを特定することが必要です。
    トレンドマイクロ社のセキュリティ情報などを参考にして、
    症状などからウイルス名を推測します。※ウイルスに感染していないPCからアクセスしてくださいね。
  4. ウイルスを駆除する。
    ウイルス感染した原因となったメールやダウンロードファイルを抹消削除します。
    ※当然ごみ箱からも削除してくださいね。
    駆除が完了したらネットワークへの接続を戻します。
  5. ウイルス検索する。
    セキュリティーソフトを最新の状態に更新して、ウイルス検索を行います。
    何も発見されなければ終了です。

ここまでの作業が出来れば、おそらくウイルスの駆除が出来ますが、駆除した場所、
つまり、その駆除ために開いてしまったレジストリ内の穴は、何を使用とも修復することが出来ない場合が多々あります。

深刻なところでなければさほど問題ないかもしれませんが、ウイルスを駆除しても動作が重い。その他、OSが以前と同じように動かなくなってしまったなどの場合には、OSの再インストールしか手はありません。

ここまで読んでいただいたのであれば、ウイルス、スパイウェア、ボット等の怖さ、
インターネットとセキュリティーの関係。感染路に行わなければならないこと。
一通りのことは十分に分かっていただけたと思います。

では次に、そんなウイルス等に感染しないため具体的な対策方法について
お話したいと思います。まずはウイルス対策方法についてお話します。