スパイウェアってなに?

スパイウェアとは、ユーザーの知らない間にPCに侵入し、個人情報など、ユーザーのPCの情報を収集し、ネットの特定の場所に送ったり、PCの動作に支障をプログラムのことを言います。

えっ、それウイルスと同じじゃないの?っと思われる方もいるかもしれませんが、
ウイルスとはすこし違いますので区別して覚えてくださいね。

スパイウェアとはは、その名の通り、PCをスパイするプログラムです。

スパイウェアは個人情報などを収集します。つまり目的は、概ねマーケティングですね。

っということは気づきましたか?
そうです。目的がマーケティング っと言うことは、下手をすれば
お金が絡んでくることがある
ということ。ここがウイルスとの大きな違いですね。
そして、スパイウェアは、ウイルスのようにPCへの破壊活動や、感染などはしません。

ユーザーに害があるといった広範囲の意味では、ウイルス的存在ではありますが、
分類するのであればスパイウェアは、マルウェアの一種になります。

マルウェアとは、ユーザーにとって何らかの害のある、
悪意のあるソフトウェアの総称のことですね。

スパイウェアの種類

スパイウェアはさまざまな種類のものがありますので、しっかり覚えてくださいね。

キーロガー(keylogger)
もっとも悪質なスパイウェアの一つです。
キーロガーは、閲覧したHPと、キーボード操作を記録して、これらの情報を特定の場所に
勝手に送信する仕組みになっています。
つまり、キーロガーが侵入していると気付かずに、銀行やクレジットカード、
その他のログイン情報を入力してしまうと、現金を勝手に引出されるなどの深刻な被害に
遭う可能性があります。※実際にそういった被害も出ています。

ハイジャッカー・ブラウザハイジャッカー(Hijacker)
その名の通り、ブラウザ(IEなど)の機能を乗っ取ってしまうプログラムです。
ホームページ(スタートページ)や検索ページの接続先を変更したりブラウジングの履歴などを収集送信するなどの活動をするスパイウェアです。

アドウェア(Adware)
スパイウェアの中で最も多いのが、このアドウェア。
主に広告宣伝目的で、ソフトウェアを起動すると、広告が表示されたり、
必要のないときに、勝手にポップアップウィンドなどが表示されたり、
Webブラウザの利用状況や利用パターンに関する情報を追跡、送信するプログラムです。
アドウェアは、フリーウェアなどに多く含まれていて、インストール時に規約をよく読むと、
企業の広告を表示するかわりに無料で提供するといったものもあります。

ダイヤラー(Dialer)
ユーザに無断でインストールされ、インターネットを介して国際電話やダイヤルQ2などの、
高額な接続先に勝手に変更するプログラムです。

リモートアクセスツール(RAP)
その名の通り、侵入された場合、PCを勝手にリモート操作されてしまいます。
通常、リモートアクセスツールは、各ユーザーが自分で好きなときにPCを遠隔操作するための正規のソフトウェアですが、スパイウェアとして悪用された場合は非常に危険です。

トラッキングクッキー(Tracking Cookie)
トラッキングクッキーとは、インターネット閲覧時に、PCに足跡を残し、
ユーザのブラウジング上の履歴や傾向の情報を追跡することを目的としたクッキーです。
これは、スパイウェアの一種とは言われていますが、
実際のところ、クッキーは単にデータですので、パソコンの中をスパイすることはできません。
プログラムではありませんので、個人情報が収集されることはないので心配ありません。

他にもいくつかありますが、上記のものは覚えておきましょう。

これだけでも見ていただければ分かると思いますが
スパイウェアがお金にかかわってくることが分かっていただけたと思います。

上記は、必要最低限の知識ですが、これを分かった上で
スパイウェアの感染経路を知り、スパイウェアの駆除 対策を行うことが大切ですね。

では次に、最近よく聞かれるようになったボットについてお話したいと思います。
このボットも、ウイルスとはまた少し違いますので、区別して覚えてくださいね。

基礎知識偏
対策偏
特別偏
ウイルスソフト比較
運営者情報
セキュリティーアンケート

上記ソフトに該当しない場合は、
空欄に、おなたのお奨めソフトを書いて投稿してくださいね。

スパイウェアの豆知識

右記をみるとスパイウェアは非常に厄介で、どうしようもなく、すべて駆除してしまいたくなるところですが、スパイウェアは非常にグレーな部分であって、一概にすべて悪質と決め付けることは出来ません。

例えば、アドウェアに分類されるようなものの中には、ただ単に企業の広告を表示するかわりに無料でソフトウェアを提供するといったものもあります。

こういったものに関しては、製造元が明確になっていて、無料でソフトを使う代わりに、ただ単に広告を表示するだけで、ソフトを無料で使わせてもらっているんだから、当然といえば当然ですし、しかもインストール時には規約に同意して使用しているわけですからね。

ですので、合法といえば合法です。しかしユーザーが、規約が見にくく、読んでいなかったとなれば悪質なわけです。

したがって、スパイウェアは
非常にグレーな部分でもあるわけです。